はなの小言

愛犬たちと過ごす日々の雑文
2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

神楽坂フレンチ

神楽坂ではフランス人を良く見かけます。
ブラッセリーやフレンチレストランもたくさんあります。
日仏学院があるということと
昔ながらの日本文化が今でも覗ける所が在る
と云うことが関係あるのかもしれません。
住んでいらっしゃる方も多いとお聞きします。

ランチ時にブラッセリーを覗くと
日本人よりフランス人の方が多い位です。

そんな神楽坂フレンチの一軒、
『ル・クロ・モンマルトル』の
ディナーを、熊谷さんと女子3人でいただきました。


洋梨とピスタチオのタルト。

ディナーの最後にいただいたデザートです。
美味しい!ボリュームもたっぷり。
ブラッセリーらしくお料理全てボリュームたっぷり。
お腹いっぱい頂いて「苦しい!」などと
ほざいている女子3人に
熊谷氏が腹ごなしの散歩と称して
裏路地を案内してくださいました。
時々小雨もパラついて石畳もシットリして
雰囲気は最高です!

締めは『カナルカフェ』でお茶です。
お洒落な、しかも女子会のようにお喋りが絶えない
気安い神楽坂巡りでした。

話の最後に、次は来週にランチということになりました。
嬉しすぎる展開です。
スポンサーサイト
日々 | Comments(-) | Trackbacks(-)

日本の夏じたく展


先週、横浜の三溪園で開催された
『日本の夏じたく展』に行ってきました。


今回は、秩父の新啓織物さんのお招きです。
着いてから知ったのですが、
招待状が無いと入れなかったそうです。
新啓さんからいただいておいて良かった!


新啓さんのブース。
ご主人と奥様がいらっしゃってとても歓迎してくれました。
立っていらっしゃるのが奥様。
真ん中は今回ご一緒した『横浜きものあそび』の主宰者の方です。今日の夕食は中華街、お店の手配もしていただきましてありがとうございました。

このあと三溪園の中を散策し、
今年の初氷をいただきました!

抹茶シロップ味。最高~


庭園内の主という趣の猫。堂々と石の上に鎮座してます。
しかも構えていたカメラの前にわざわざ移動して来るとはさすが。。。

最後に今日のコーディネート。
ポイントはツバメの半衿です。私の勤め先、熊谷事務所主宰で和更紗収集家の熊谷氏が御一緒ということで帯はジャワ更紗の名古屋帯。
kimono | Comments(-) | Trackbacks(-)

最近のマイブーム

今日は母が友人達とお食事会だというので、夕食の支度を任されました。
ちょっと前に作った焼売が好評で調子に乗ってます。
旦那のリクエストで『海老焼売』。
巷に良くある海老のすり身の海鮮焼売では無くベースはお肉。
見た目の通り海老を突っ込んだ焼売になってしまいました。

2013-02-02_18-28-22_658.jpg

その他にもち米をまぶした水晶焼売。

2013-02-02_18-28-57_418.jpg

誰にもリクエストされていないけどキクイモの茹でこぼし。

2013-02-02_18-29-25_798.jpg

その他にはレバニラとかチョレギサラダ、ひじきの五目煮とか作ってみました。
なかなか好評で良かった良かった。
cooking | Comments(-) | Trackbacks(-)

2012年のお年取り—松本にて

明けましておめでとうございます。

毎年恒例、お年取りは旦那の実家の松本にて迎えます。
松本の実家では新年を迎えるためのお年取りが家族そろっての重要行事。
そのための準備をするために旦那と二人、街に買い出しに出かけます。

雨が降ってきたので「なわて通り」で傘を購入。500円でした。
『安いけど丈夫だから』と自信満々なご主人の言葉に反して
柄をつたって水がしたたり落ちてきます。手がビチョビチョ…。


まずはいつも行く「まるも」でお茶をして英気を養います。

2012-12-30_13-44-22_991.jpeg

こちらは店内の家具がすべて松本民芸家具というレトロチックなカフェ。
クラシックを中心に音楽が流れストーブが焚かれ、
ケーキとコーヒーが自慢の年配の方から若者までに愛されている有名店。
今時珍しく喫煙OK。愛煙家の旦那にはありがたい場所です。
ホテルもやっています。


生け花をいけるための花を買いになわて通りに戻ります。
花屋を物色していたら古道具屋の前に置かれた箱の中に銀瓶を発見。
店主に声をかけ「これは銀瓶ですか?」と訪ねると
「メッキ。真鍮製だよ。剥げちゃうからあまり磨いちゃだめだよ」とのお答え。
よく見ると取っ手の籐の細工もキレイ。
「コレ、買います」

2012-12-31_09-17-22_871.jpeg

少し負けてくれた♡おじさんありがとう!
手のひらサイズのだるまも付けてくれました。

2012-12-31_09-18-14_887.jpeg


お店の方と会話しながら買い物が出来る昔ながらのなわて通り。
20年前に観光客向けにリニューアルしたので撮影セットみたいに今もキレイです。
河川の整備もやり過ぎるくらいキレイ。

2012-12-30_13-44-09_588.jpeg

2012-12-30_13-45-21_901.jpeg

そういえば、20年くらい前に放送したTOKIOの長瀬君主演のドラマ『白線流し』に併せるように
河川の整備をしていたな。そのあたり長野オリンピックもあったしね。
それが今もキレイ。っていうか開発途中なのかな。

2012-12-30_14-05-08_376.jpeg

通りの入り口にはドラマ『白線流し』にも登場した派出所と
なわてのシンボル蛙の像と蝦蟇オブジェ。

2012-12-30_14-04-40_948.jpeg

2012-12-30_14-04-51_728.jpeg

近くに松本城があるこのあたりは古道具屋さんの隣にカフェがあったりとても楽しい。
さらに老舗のそば屋や昔の倉町を改装した中町もあって盛りだくさん。
その反面昔の繁華街は姿を消し、ショッピングモールの建設計画もあるとか。
変わるのかな?毎年見てるから気がつかないだけかな?
日々 | Comments(-) | Trackbacks(-)

炉開の茶会

18日は炉開の茶会でした。
茶道でのお正月である炉開きはこんな感じで始まりました。

IMAG0009.jpg

右側奥にある一番小さなおちょこを選択。
昼の12時を過ぎてお腹が空いてきたとのことでお食事を先に取ることに。
溜塗りのお重にお弁当風に盛りつけられたお料理。見た目も鮮やか!まるでおせち料理。
「炉開きはお正月と同じだからね」と先生。

IMAG0012.jpg

「美味し〜」姉弟子と二人で舌鼓を打ちます。
「そんなに手が込んでいるわけでは無いのよ」先生はサラッとおっしゃいますが、
お味も盛りつけも素晴らしかったです。

お濃茶はお茶席で主菓子とともにいただきます。
千歳船橋の『東宮』の紅葉です。

IMAG0018.jpg

東宮のお菓子は本当にお茶席向きです。
高いし無愛想だけどココのお菓子は間違いないって感じです。

そして先生の濃茶のお手前を拝見します。

robiraki.jpg

流れるようなお手前を拝見して、つつがなく会も進みますが
足の爪が痛い姉弟子と最近とみに太って正座がつらい私となんだかお茶室の中を
コロコロと転がるようにのたうち回っておりました。

そんな本日のコーディネイトはこちら

IMAG0038.jpg

です。
kimono | Comments(-) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。