はなの小言

愛犬たちと過ごす日々の雑文
2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
      

≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

もうすぐ作品展

陶芸教室に通い始めて大分経つ。
生徒さんは色んな方達が集まっていて皆さん好き勝手にやっている。
私のいるクラスは男性が多く、仕事も共通している部分はあるが
建築などハード系の方達が多い。作風もとても自由だ。

中には個人のアトリエを持っている方もいられるが、
手入れや維持費を考えると陶芸教室というのはとてもありがたい。
粘土や磁土は乾くと砂埃と化するのでとても汚れる。
道具もとても多いし、場所も取る。
電気やガスを利用する物や科学薬品もかなりあるので、扱いがとても面倒だ。
それらの面倒な手入れなどはスタッフの方達がやってくれる。
しかも専門知識を生かして相談に乗ってくれるし、手も貸してくれる。

毎年やっている作品展では、何人かに賞をくれて
デパートや画廊で個展を行っている先生達の作品を
賞品として タダでいただける。(しかも桐箱付きだったりする)
写真はこれまでにタダでいただいた物達。

やめられません。陶芸教室。
スポンサーサイト

TITA`S GUGURIA

これは、グアムで買ってきた、かりんとうのような
ココナッツが入ったグズリアという伝統菓子です。
観光客用のおみやげ屋さんにはマカデミアナッツとチョコレートが山積みでしたがガイドのおばあちゃんが勧めてくれたのはこれでした。
さすがおばあちゃん!おいしいぞ!

パッケージの裏には、昔グアム島にひとりの心優しいお母さんがいて、子供達に美味しい手作りお菓子を食べさせたいと工夫をしていたが、なかなかうまくいかず、鳥が飛ぶのを見て思いついたお菓子というのがこれ。と言う内容がかかれていました。グズリアという名前は、この鳥の名前から来ているらしい。

この心優しいお母さんの孫のTITAさんが商品化して今に至るようです。

旅行に行ってきました。

7月6日から4日間、両親と妹とグアムまで行ってきました。

両親に合わせて市内観光なども初めてしましたが、意外と楽しかった。
ガイドさんはおばあちゃん。途中、椰子の実を売っているスタンドに連れて行かれ、
「ジュースを飲んだらスタンドのお兄ちゃん(かなりおじさん)の所に持って行って割ってもらって中身を食べなさい。」え?椰子の実って生で食べたこと無いぞ。
と思いましたが、おばあちゃんには逆らえません。渋々もっていくと、おじさんが鉈で割った椰子の実の柔らかいところをすくってわさびと醤油をかけてくれました。
「!!おいしい!!」まるでヒラメのエンガワのような味と食感!
椰子の実のおいしさにビックリ。アボカドを醤油とわさびで食べた時以来の驚きです。
醤油って凄いと改めて感じ入りました。


オプショナルツアーも満載にした今回の旅行では、親子で浴衣を持参してマジックショーを見に行ったり、海中散歩なども予定していたのですが、あいにくの天気で海中散歩は中止。代わりに両親の分だけマッサージを現地で予約したりと、妹とふたりであれこれ世話を焼いた旅行でした。
一応ホテルのプライベートビーチでもシュノーケリングのようなこともできたし、
まぁ良かったんじゃないでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。